2020年05月09日

住まいの保証と保険は大切(2)

引き続き、住まいの保証について更新します

次は短期保証についてです



2年の短期保証は、内外装の著しい変形など

その他、電気関係や水廻りについてです

例えば、部屋の入口のドアの建付けが悪くなった

壁紙の目隙(壁紙にヒビもしくはジョイントの隙間)

コンクリートにヒビが入ったは

どの家にもよくある事です



家の前の道路に車が走るだけでも家は揺れます

台風で強い風が家に吹けば、家は揺れます

住みながら常に感じる事は少ないかもしれませんが

家は外部の影響を受けています

住んでいる方の使い方が悪いわけではありません

仕方がない事です



家は2年を過ぎると落ち着いてきます

何が落ち着くかと言うと

木造住宅の『木』は、家となっても生きています






 

住まいの保証と保険は大切(2) この方はナイスホームの大工さん(渡辺建築様)

いつも笑顔でいい大工さんです


大工さんが施工する木材はどれも呼吸をします

夏は湿度が高まり木は膨張する性質があります

また、冬は乾燥して痩せます

例えばそれで1mm動くと

壁が動き目隙が生じたりします


近年、床暖房が人気です

例えば寒い冬に床暖房があれば使いますよね

床がとても暖かく、快適な暮らしができます

そして、寝る時間はスイッチを切るので

夜中は冷えてしまいます

その繰り返しは、床材にも影響し

床板に隙間が生じる原因となります


日本には四季があるので

2ターンすると、木材も落ち着いてくると言われています

なので、気になることはこの2年の保証の間に

ご相談いただきたいと思います




⑶の設備関係の保証ですが、期間は商品により異なります

照明器具は1年

設備関係は1年もしくは2年

どれもメーカー保証です

機器類はある程度使えば、欠陥などは無いと判断できますよね

漏水や電気が通じてないなど

お引渡しの前には当然チェックもしていますのでご安心ください

2年過ぎればあとは老朽化か寿命か


ただ、3年目で壊れたらすみません(-_-;)


ナイスホームのアフターサービスについて

定期点検は会社側からお客様に発信していますが

何か気になることがあればいつでもお問合せ下さい

アフターの窓口は『中村』です

中村が不在でも、社員が皆窓口として

まずは受付を対応させていただきます

そして工事担当者がお家に伺い状況を確認します



毎回内容が長くなりすみません

想いがいっぱいなんです(笑)

最後の保険の内容は次回とさせていただきます







 





カレンダー
«   2021年05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright (C) Nicehome Co., LTD. All Right Reserved.