2018年04月20日

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3

こんにちは!

営業部の中村です。

このブログは、オーナーの悩み事、

「子供室が必要になったので、部屋数を増やしたい!」

をリフォームで解決する過程をレポートしています。

前回の記事、Vol.2はこちらから

今回は、「解体したらわかった、こんなこと」ご紹介します。


まずは・・・

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3 写真左下の床下には、長方形の大きな空洞がありました。

ちなみにこちらのお部屋は、この建物の2階に位置しています。

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3 よく見ると・・・

床下から、シルバー色の屋根を発見!

こちらのオーナー様邸は、

1階が親世帯、2階が子世帯の2世帯住宅になっているんです。

今回のリフォーム以前にも、リフォーム歴があったこちらのお家、

もともとの建物に、2階建てをかぶせるように増築してありました。

  今度は、床(フローリング)をめくったらまた床(フローリング)が現れました。  
 
これも以前あったフロアの上から、 
 
リフォームの際に  重ねて新しいフロアを貼り増し  した証拠です。 
------------------------------------------------------------------------------------------ 
例えばこのような、リフォーム用の床材が商品として発売されています。 今度は、床(フローリング)をめくったらまた床(フローリング)が現れました。

これも以前あったフロアの上から、

リフォームの際に重ねて新しいフロアを貼り増しした証拠です。
------------------------------------------------------------------------------------------
例えばこのような、リフォーム用の床材が商品として発売されています。

 ------------------------------------------------------------------------------------------ 
 リフォームを行うなかで、 フローリングを新しくしたい!   
 
というご希望をいただくことってたくさんあるんですが、 
 
 その都度ベストな方法が違うんです。  
 
例えば・・・ 
 
内装ドアを取替えず、床を新しくする場合、 
 
 ドアが開き扉の場合だと、床を重ね貼りしたら引っかかって開かなくなってしまいます。  
 
リフォームしてみたら、ドアが開かないなんて・・・大問題ですね~ 
 
 
そんな時は 
 
  (1)ドアも新しく交換する   
 
もしくは  
 
  (2)古い床をキレイに剥がし、新しい床を貼る   
 
 
仕上がりは (2)の方がキレイに仕上がることが多い のですが、 
 
費用としては (1)新しい床の材料代と貼る作業費  にプラスして、 
 
  (2)の場合は プラス解体した床の処分費と、それにかかる時間も多くなるんです。    
  ------------------------------------------------------------------------------------------
リフォームを行うなかで、フローリングを新しくしたい!

というご希望をいただくことってたくさんあるんですが、

その都度ベストな方法が違うんです。

例えば・・・

内装ドアを取替えず、床を新しくする場合、

ドアが開き扉の場合だと、床を重ね貼りしたら引っかかって開かなくなってしまいます。

リフォームしてみたら、ドアが開かないなんて・・・大問題ですね~


そんな時は

(1)ドアも新しく交換する

もしくは 

(2)古い床をキレイに剥がし、新しい床を貼る


仕上がりは(2)の方がキレイに仕上がることが多いのですが、

費用としては(1)新しい床の材料代と貼る作業費 にプラスして、

(2)の場合は プラス解体した床の処分費と、それにかかる時間も多くなるんです。

 

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3 費用面では、

壊す部分と残す部分を見極めることがコストダウンのポイント

ではありますが、

残す部分を一歩間違えると、

新しいキレイな部分と古い部分の差が際立ってしまうため、

いままでキレイに見えていた部分でも、

完成してから「ここもやっぱりやっとけばよかった・・・」

と後悔することになってしまいます。


この問題には、毎回のごとく頭を悩まされますね~
 

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3 今回は、リフォームするお部屋と繋がるメインのLDK空間の床の方が高いため

リフォームするお部屋の床を高くして、バリアフリーになるように仕上げます。

リフォームするスペース各所それぞれの床の高さも段々になっているので

これを機会にすべてフラットに仕上げます。


しかし・・・

床をバリアフリーにすることで、

天井高さがいままでより低くなってしまうので注意が必要です。

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3 解体の次は、電気配線を考えます。

壁紙を貼ってきれいに仕上がってしまうと配線が隠れてしまうので、

前もって照明を取り付ける数や位置、

それに伴い、スイッチやコンセントを移動したり増やしたり・・・


図面と現場を照らし合わせ、確認しながら施工します。

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.3 電気配線の次は何がやってくるのでしょうか?

次回もお楽しみに・・・


2018年04月12日

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.2

こんにちは!

営業部の中村です。

このブログは、オーナーの悩み事、

「子供室が必要になったので、部屋数を増やしたい!」

をリフォームで解決する過程をレポートしています。


前回の記事、Vol.1はこちらから



まず、リフォームするには壁などを壊すため、

お部屋におかれていた様々なものたちを、

すべて部屋から出していただかなくてはなりません。

(オーナー様にとっては片付けが一番おっくうかも・・・)

「うちにはそんなに物がないはず・・・」

「倉庫にあるものは捨てるものばっかりだから大変じゃないはず!」


片付け始めると、「捨てる」か「残す」かで頭を使うので、

結構疲れちゃって大変なんです・・・

片付けは余裕を持って取り掛かる!というのが鉄則です。

片付けがめんどくさい!という方は、残すものだけ避けておいていただいて、

捨てるものは ナイスホーム におまかせ(有料)!でも大丈夫です。

 

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.2 解体が済むと、なんとまあスッカラカンに。

間取りを変えるリフォームは、

壁や天井を「壊す」か「残す」かを事前に打ち合わせし、

「残す」壁や天井でも壁紙だけ剥がすも部分や、

下地のボードまでキレイに壊してしまう部分など・・・

目的に応じて解体も考えながら行います。

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.2 今回の場合は、外部に面した壁たちがしっかり壊されて

骨組みが丸見えになっています。

 

 
 写真の空間を今回の リフォームで子供室(居室)にするため、  
 
 写真左側の壁へ窓を増設し、  
 
 今現在の窓も単板ガラスからペアガラスの窓へ取り替える計画になっています。  
 
その作業を行う為に、壁が骨組み状態になっているんです。 
 
解体が終わると様々な部分が見えてくるので、 
 
  今まで隠れて見えなかった想定外のことが起こる場合もあります。 
 
解体する前に、 どれだけたくさんのパターンを想定できるかどうかがポイント です。   
 
次回は「解体したら分かった、こんなこと」をお話します。 
 
次回もお楽しみに・・・
写真の空間を今回のリフォームで子供室(居室)にするため、

写真左側の壁へ窓を増設し、

今現在の窓も単板ガラスからペアガラスの窓へ取り替える計画になっています。

その作業を行う為に、壁が骨組み状態になっているんです。

解体が終わると様々な部分が見えてくるので、

今まで隠れて見えなかった想定外のことが起こる場合もあります。

解体する前に、どれだけたくさんのパターンを想定できるかどうかがポイントです。


次回は「解体したら分かった、こんなこと」をお話します。

次回もお楽しみに・・・


2018年04月07日

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.1

こんにちは!

営業部の中村です。

今回の工事ブログテーマは『リフォーム』。

オーナーの悩み事、

「子供室が必要になったので、部屋数を増やしたい!」

をリフォームで解決します。


小学生のお子様のいるご家庭にとっては、

「あるある~!」 「うちもそろそろ・・・」

よくあるお悩みごとのはず。




リフォーム前の状態は、

リビングと繋がる共有キッズスペースや、

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.1

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.1
収納のお部屋、

 
 さらには趣味スペースとして使われていました。
さらには趣味スペースとして使われていました。

 
 この空間が「子供室2部屋と室内干しができるフリースペース」 
 
に生まれ変わる過程をレポートしていきます。 
 
 
 
  現在は解体が終わり、こんな状態。
この空間が「子供室2部屋と室内干しができるフリースペース」

に生まれ変わる過程をレポートしていきます。



現在は解体が終わり、こんな状態。

【現場レポ】暮らしに寄り添う住まいのカタチ Vol.1
次回はどんな作業が待っているのでしょうか?

お楽しみに・・・


2018年04月07日

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5

こんにちは!

営業部の中村です。

ナイスホーム ハウジングショールーム」がオープンして2週間、

やっと私たちスタッフも落ち着いて業務に取り組めるようになってきました。

今回はついに、祝ブログ最終回!!!


(前回のブログはこちらをクリック!)

完成したショールームを一部ご紹介します!!


まずは、メインのLDKスペースです。
 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5
 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5
家具も無事に設置され、あたたかみのあるリビング空間が演出されています。




ダイニングスペースから見ると、こんな感じです。

 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5
キッチンの上の天井は、少し下げて木の板で仕上げました。

天井に細工するだけで、ぐっと雰囲気が変わります。




LDK空間へ行く手前には、玄関ホールが広がります。


左手前の壁は、白色のタイルで仕上げ、天井は木の格子を間接照明で演出しています。

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5
住まいの情報館(ナイスホーム本社・安城市井杭山町)は土足の出入りでしたが、

より「住まい」をリアルに実感していただきたく、

新店舗であるハウジングショールームは靴をぬいで、

くつろいでいただけるよう計画しました。

 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5




玄関から繋がる和室は、シックな内装にするため畳をダークな色にして、

曲線のライン照明を取り付けました。

 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5
畳の編み方向を互い違いに並べることで、

同じ色の畳でも光の加減で違う色に見えます。


1階には他にも、水廻りスペース(洗面・お風呂・ランドリールームなど)や、

ウォーク・イン・クローゼット、蓄電池など・・・

2階には子供室や寝室、書斎コーナーなどのスペースもご覧いただけます。

 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.5
自然素材の部屋や、断熱強化の部屋など・・・

それぞれにコンセプトを持つお部屋になっています。



たくさんの皆様をご案内できることを楽しみに、スタッフ一同お待ちしております♪

 


2018年03月09日

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.4

こんにちは!

営業部の中村です。

3月に入り、少し春めいてきた今日この頃です。

花粉症の方々にはつらい時期の始まりかもしれませんが・・・

まだ花粉に攻撃されない私は、毎年発症しないかとドキドキです。


今回は、完成間近に迫る『新・ショールーム』の現在をお届けします。

→前回の記事はこちらをクリック

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.4
少し前まで足場のかかっていたショールームですが・・・

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.4

 足場が外れ、  看板  がつきました! 
 
新ショールームの名前も決まり・・・ 
 
 『ナイスホーム ハウジングショールーム』  
 
の外観がお目見えです。 
 
 
いや~・・・   かっこいい!!!! 
 
自画自賛です。 
 
自動ドアをくぐりまして、玄関でお出迎えしてくれるのは、 
 
これまたカッコいい  木の格子の天井  です。  
 
 
  足場が外れ、看板がつきました!

新ショールームの名前も決まり・・・

『ナイスホーム ハウジングショールーム』

の外観がお目見えです。


いや~・・・   かっこいい!!!!

自画自賛です。

自動ドアをくぐりまして、玄関でお出迎えしてくれるのは、

これまたカッコいい木の格子の天井です。



 

 こちらは、  間接照明で照らされて、ここからさらにステキに仕上がります。   
 
 
内部は壁紙を貼っている真っ最中・・・ 
 
壁紙を貼る際は、写真のローラーみたいな機械が必須です。  
  こちらは、間接照明で照らされて、ここからさらにステキに仕上がります。


内部は壁紙を貼っている真っ最中・・・

壁紙を貼る際は、写真のローラーみたいな機械が必須です。

 

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.4 クロス(壁紙)は本来、裏地にのりがついていないので、

こちらの機械で裏地にのりをつけ、施工していきます。



お次は「エクステリア」の工事がどんどん進みます。

【現場レポ】ハウジングショールームができるまで Vol.4 駐車場のアスファルト工事や、土部分にはグリーンを植えたり・・・

エクステリア(外構)の計画で、建物の雰囲気はずいぶん変わります。


次回はいよいよ完成した姿をお披露目したいと思います。

お楽しみに・・・




このページのトップへ

Copyright (C) Nicehome Co., LTD. All Right Reserved.