ナイスホーム

愛知県安城市を中心に新築住宅、
リフォームを手がけるナイスホーム

0120-77-1581 受付時間 10:00~18:00
0120-71-5721 受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ・ご相談・来店予約

資料・カタログ請求

アクセス

トップページへ

このページのトップへ

トップ施工事例 新築住宅 > 光と風が織りなす非日常を愉しむ家

施工事例

光と風が織りなす非日常を愉しむ家
安城市 N様邸

日本旅館や料亭をイメージし、趣のある「和」を感じる玄関にしたい。インテリアで一番こだわられたのは、玄関とトイレでした。クロスは暗い色を選び落ち着きのある空間に。

リビングに一歩入ると、無垢の木の濃淡が映える勾配天井と、窓から大胆に光が舞う、明るい躍動感のある空間が広がります。

南側には隣家があるため、リビングはあえて南面には配置せず東面に。朝の光を効率よく取り込めるよう、高い位置に窓を設けました。

将来を考えて一階ですべての生活ができるように考えられた間取りと内装やデザインのひとつひとつにこだわった家が完成しました。

玄関には和紙調のクロスと重厚感のあるタイルを使用。幻想的な和モダンの空間を表現しました。
夜空に浮かぶ月をイメージしたというニッチ。タイルはマリストの「アスペリータ」を採用。
床材は無垢のカバ桜。温泉旅館の床をイメージして表面に名栗加工をほどこし、立体的な木の味わいを醸し出しています。
天井近くの高い位置の窓は電動で開閉できるようにしました。高い窓は換気の効率も非常に良く、「この窓はつけて本当に良かった」とのお声を頂きました。
広めの幅のキッチンカウンターでダイニングスペースに。
側面のタイルにタイルはマリストの「プリズムボーダー」を使用。
無機質なイメージで内装を仕上げた洋室。ウォーキングマシンをしながらテレビを見るためテレビスペースを高い位置につくりました。

玄関から続き、モダンな和の空間でほっとくつろげる場所に。鏡は、夜空に浮かぶ満月をイメージ。
床材も幅広タイプを使用し、 アラウーノの蓋はエボニー色に。

ペンダントライトはこれを使いたいと最初から決められていたPH5miniに。同じくルイスポールセンのスィクルを合わせました。あえて3つの高さを変えることでデザイン性が際立ちます。
洗面台はパナソニックのラシスを採用。マリストの「ヴォルカ」で周囲を飾りました
断熱性を高め、熱交換換気システムを採用されたため、冬は暖かく、夏は涼しく快適とのことです。

一覧へ戻る

その他施工事例はこちら