ナイスホーム

愛知県安城市を中心に新築住宅、
リフォームを手がけるナイスホーム

0120-77-1581 受付時間 10:00~18:00
0120-71-5721 受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ・ご相談・来店予約

資料・カタログ請求

アクセス

トップページへ

このページのトップへ

トップ施工事例 新築住宅 > デザイン性と住みやすさを兼ね備えた家

施工事例

デザイン性と住みやすさを兼ね備えた家
高浜市 M様邸

内観のテーマは「ナチュラルリゾート」。
床は少し濃いめの床材で壁は少しベージュの優しい印象を持たせました。リビングの天井では少し拘り、木の格子で空間を彩りました。落ち着いた空間を演出し、家族の笑顔をイメージしながらナイスホームの設計士やデザイナーが造り上げた建物です。また、この家は動線もこだわりました。
家事動線と言う言葉をご存知ですか?例えばお風呂に入るときには洗濯物を脱ぎ、そして洗う。その洗った洗濯物をどこに干してどこでたたんでどこに収納するか。そしてまたお風呂に入るときにどこから持ち出すのか。暮らし方は人によって様々ですが、どんな動線が良いかを考えるとなんとなく見えてきます。
暮らし方は家に合わせるのではなく、ご家族の暮らしやすいイメージに合わせる事ができると、おそらく笑顔が増える家庭になると考えております。
外観はシンプルモダンをイメージしました。縦横のラインを整える事でスタイリッシュさを引き立たせます。二階の小窓部分では、サイズに合わせ横ラインの外観アクセントを演出。南側の軒の出の理由は、夏の日差しを少しでも遮り、冬の日差しを取り込み、四季を通じて光をコントロールするパッシブデザインを取り入れました。

ダイニングから見えるリビングと玄関ホール、「行ってきま~す」・「ただいま~」とお子様が入口のドアから行き来する姿が想像でき、コミュニケーションが自然とできる動線です。
リビングの窓際から差し込む陽だまり。家族が集うリビングは明るく風通しの良さがポイントです。植物で空間が優しく演出できます。
奥様にとって一番重要なキッチン。収納はもちろん、明るさや風通しを考慮する事は大切です。また、家電をどれだけ並べるか、ゴミをどう処理し一時的に保管をするかも重要です。
対面キッチンのダイニング空間は、奥様が調理をしている最中でも会話ができる楽しい空間。ダイニングの壁側に、読書やPC・お子様の勉強スペースとして造り付けのカウンターを配置。
リビングとダイニングキッチンをずらした空間にしました。くつろぎと食事の時間を分ける事で、個々での過ごし方が楽しめます。
寝室は8帖の空間です。大きめのベッドを配置してもゆったりとしています。居室は窓が二方向配置できると、明るく風通しの良い健康で快適な部屋となります。

シンプルモダンの外観。パッシブデザインを採用した南側の軒は夏の日差しを少しでも遮り、冬の日差しを取り込み、四季を通じて光をコントロールします。

東南角の2階にはインナーバルコニーを採用。雨が心配な時でも、安心して洗濯物を干すことができます。また晴れの日は1階で洗濯物を干してすぐ和室に取り込めます
ダイニング横に畳の部屋を設け、お子様が小さい頃は子供室に。『LDに子供のおもちゃが溜まり片付かない』との声も多く、この空間は役立ちます!
玄関には適度に大きな下駄箱は必要です。カウンターには小物も飾れます。また、壁の厚みを利用した飾り棚(ニッチ)の背面に少しだけタイルを貼り、かわいらしさを演出。

一覧へ戻る

その他施工事例はこちら